当日融資と他の融資の違い

「当日融資」はお金が必要な時にすぐに融資してもらえてとっても便利。

 

でも、当日融資って普通の融資とはどこが違うのでしょう?

 

当日融資とはその名の通り、
申請した当日に融資が受けられるもので「即日融資」とも呼ばれます。

 

通常、融資を受ける(ローンを組む)場合には、
申請してから実際に融資が実行されるまで数日〜数週間必要です。

 

しかし、当日融資ではタイムラグなく資金を融資してもらえるのです。

 

では、なぜ一般の融資と借り入れまでの期間に差があるのでしょうか?
これは主に審査にかかる時間が関係しています。

 

融資を行う際には、融資を行う側(銀行や金融会社)は、
お金を貸す人に返済能力があるか否かを問います。

 

この返済能力の有無を見極めるのが「審査」です。
どんな融資であってもこの審査を通過しなければ借り入れができません。

 

一般的な融資では、この審査を時間をかけて行うのですが、
当日(即日)融資の場合は審査がスピーディ

 

会社・商品によって差はありますが、
最短では30分程度で審査が完了するものもあります。

 

だから、申請したその場で必要な資金を得ることができるのです。

 

ただし、当日融資では借り入れの限度額が低く、金利は高めに設定されます。
これは、審査に十分に時間がかけられず、貸し倒れリスクが高いためです。

 

当日融資は非常に便利ですが、通常の融資とは利点・欠点が違うということですね。
融資を考えている人はこうした利点・欠点も考えて融資の携帯を選びましょう。