当日融資の時間制限

当日融資とは言いますが、申込当日に融資を得るためにはリミットがあります。
何時までに申し込めば当日に融資が可能なのでしょうか?

 

まず、店舗に行って契約する場合、必要書類がそろっており、審査をパスすれば、
その場で現金を融資してもらえます。

 

また、ローン用のカードを持っている場合、
提携ATMやキャッシュディスペンサーから融資金を引き出すことができます。

 

店舗の場合は営業時間、
ATMやキャッシュディスペンサーの場合は決められた時間内で取引可能です。

 

また、最近はネットで契約し、個人の銀行口座に融資金を振り込む形態もあります。
この場合は午後3時が融資金振り込みのタイムリミット。

 

銀行の営業時間が過ぎてしまうと、翌日でないと引き出せません。
そのため、多くの当日融資では午後2時までの申し込みを当日融資の目安としています。

 

消費者金融の場合、審査にかかる時間は30分〜1時間程度のことがほとんど。
午後2時でぎりぎりということですね。

 

また、審査の内容などによっては当日融資が難しいケースもあります。
午後2時ぎりぎりでは当日融資が間に合いません。

 

特に初めての融資や個人信用情報に問題がある場合、審査にも時間がかかってしまいます。
当日融資を希望する場合にはできるだけ早く、できれば午前中に申し込みましょう。

 

最近はスマホなどでも申し込みが簡単にできるようになり、利便性も向上しています。
当日融資をうまく利用するためにも、まずは仕組みをしっかりと理解しましょう。