当日融資の審査で見られるもの

当日融資は審査が非常に速いのが魅力。
でも、この審査では何を見られるのでしょう?

 

当日融資でも他の融資でも、基準となるのは「返済能力」です。
お金を貸す人に返済能力があるか否かが重要なポイントになります。

 

個人の返済能力は、
「定職の有無」「勤続年数」「年収」「職業」「家族構成」などによって判断されます。

 

住宅ローンなどの額の大きいローンでは、住居の形態(持ち家か賃貸か)
が問われることも。

 

この審査は借り入れの希望額が高額になればなるほど、
あるいは、融資の条件がよくなればなるほど厳しくなる傾向があります。

 

当日融資の場合は、融資の限度額が低く設定され、
また、他の融資よりも金利が高い傾向にあるので審査をパスするのは比較的容易です。

 

ただ、いくら審査基準が甘くても返済能力がない人には融資は行いません。
この審査の際に重要になるのが個人信用情報というものです。

 

個人信用情報とは、個人の金融状態を把握するもので、
公共料金の支払いや融資の返済状況においてのトラブルをまとめたもの。

 

公共料金の支払いや融資の返済が滞ると、その情報は信用情報として記録されます。
信用情報に記載がある人は融資の返済ができない可能性が高いと判断されます。

 

これが、いわゆる「ブラックリスト」あるいは「ブラック」というものです。
内容にもよりますが、信用情報に金融事故の記録がある人は信用されません。

 

当日融資でもこの信用情報は重視されるので、
普段からお金の管理はきちんとしておきたいですね。