当日融資でいくら借りられる?

現在、貸金業では「総量規制」という規制が行われています。
この総量規制とはどんなものなのでしょうか?

 

総量規制とは、個人の融資の額を法によって規制(制限する)というものです。
これによって個人の貸金業からの借り入れは、「年収の1/3まで」と定められています。

 

総量規制では、複数の貸金業からの借入額も合算して計算されます。
これは消費者を借り過ぎや多重債務から守るために定められた規制です。

 

総量規制の導入により、借り入れ契約時には「収入証明書」等が必要となりました。

 

ただし、この総量規制は「銀行」は対象外です。
銀行は貸金業には属さず、管轄する法も違うので銀行ローンは総量規制の対象外です。

 

また、実はこの総量規制には抜け穴があります。

 

会社などによってその額は異なりますが、5万円〜10万円程度の小額融資の場合、
収入証明書などの提示なしに借り入れが可能なケースがあります。

 

当日融資の場合は、大体午後2時くらいまでに申し込めば、
当日中の融資が可能なことが多く、借りやすく・便利なのです。

 

ただし、こうした少額の融資であっても審査はきちんと行われます。
収入証明書が必要ないから誰でも借りられるというわけではありません。

 

こうした少額の融資は常用するのではなく、
どうしても外すことができない、突然の出費の際に用いるものです。

 

簡単に借りられるからといって、次々に借り入れを行うと返済が困難になって、
かえって生活を圧迫してしまうこともあるので注意して。