当日融資と担保

融資を行う際には担保や連帯保証人を必要とするケースがあります。
では当日融資には担保や保証人が必要なのでしょうか?

 

基本的に、当日融資といった場合には「カードローン」などの形態を指します。
カードローンの場合、原則として無担保・保証人なしです。

 

担保や保証人は、お金を借り入れた人が返済不能な場合、
その人に変わって弁済するというもの。

 

返済が滞った場合には、連帯保証人が変わりにその返済を行い、
担保がある場合はその担保を売却することによって借入金の返済に充てます。

 

しかし、カードローンにはこの担保や保証人がありません。
貸し付けた人が返済不能に陥った場合には損害が発生します。

 

カードローンは貸し付け側にとって貸し倒れリスクが高い形態で、
そのために金利が高く設定してあります。

 

カードローンは損害リスクが高い分利便性を上げて、
損害をカバーできるような金利設定がしてあるのです。

 

ただし、当日融資の中には保証人をつけたり、担保を入れることで、
好条件で融資を受けられるものもあります。

 

この場合は貸し倒れのリスクが軽減できるので、
その分条件をよくしてあげようというわけですね。

 

最近は不動産担保ローンの当日融資というものも実施されています。
これは、所有する不動産を担保とすることで低金利・高額の融資を可能にするものです。

 

ただし、不動産担保ローンの場合には、審査に時間がかかりやすく、
また提出書類も多く、当日融資にはしっかりした段取りが必要となります。

 

基本的に当日融資に担保や保証人は必要ありませんが、
好条件での融資を望む場合は担保や保証人つきの融資も検討してみましょう。